カテゴリ:学校行事

1学期終業式

令和3年度1学期終業式が、7月20日(火)に体育館で行われました。

 新型コロナウイルス感染拡大予防対策として、本来よりも短時間で行われました。

 学校長式辞では、夏休みに向けて「生活のリズムを乱さない。早寝、早起き、朝ご飯。」、「家の手伝いをする。家族の一員としての役割を決めて。」、「自分の時間を大切にする。自分の特技や趣味に時間を使い、自己肯定感を高めてほしい。」とありました。

 また、もうすぐオリンピックです。「卒業生の今井選手に頑張ってほしい。西中生全員で応援してほしい。」、「皆さんの先輩に、自分の道で頑張っている人がたくさんいます。みなさんも頑張りましょう!」と、メッセージが送られました。

 

学活の様子

情報モラル教室

1学期最終日の7月20日(火)に、富岡警察署生活安全課の警察官を講師に招いて情報モラル教室を体育館で行いました。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策として、1時間目に1・2年生、2時間目に3年生を対象として講話をしていただきました。主にSNSを利用するにあたって、トラブルの事例や注意するところを教えていただきました。生徒は、真剣に聞いていました。被害者にも加害者にもならないようにしていってほしいです。

郡市壮行会

 7月1日に、体育館で7月4日から始まる富岡甘楽中学校総合体育大会に、吹奏楽部は西部地区吹奏楽コンクールに、美術部は最高の作品を仕上げることに向けての壮行会を行いました。

 各部の部長が、大会やコンクールに向けての抱負や日程を代表で発表しました。「最後まで諦めず、プレーしたいと思います。」、「悔いの残らない試合をしたいです。」、「大会までの期間を一生懸命に練習をしたいと思います。」、「団体優勝、個人県大会出場です。」、「大会の応援は、会場ではできないので、それぞれのお家からお願いします。」と、決意表明がありました。最後に、吹奏楽コンクールに向けて練習をしてきた曲を演奏しました。

 

 

 校長先生からは、「残された時間は僅かですが、1つ1つのプレー、1つ1つの時間を大切に頑張ってほしい。西中生は、西中ブランドで心がつながっています。みんなの力を発揮してほしいです。みんなで頑張りましょう。」と激励の言葉が送られました。

 

 生徒会本部による、「西中勝利の王竹飛」プロジェクトで、一人一人が思いを短冊に書き、 竹に飾り付けました。

スポーツ大会

 6月16日(水)の午前中にスポーツ大会を校庭で行いました。

 新型コロナウイルス感染拡大予防対策として、群馬県内は警戒度4のため、3年生の保護者1名のみの参観の中、行いました。朝から、小雨が降り、最初の種目のエースドッジボールを開始直後にも雨が落ちてきましたが、最後には太陽がでて晴れ間の中、生徒たちが一生懸命に競技しました。クラス対抗で、エースドッジボール、全員リレー、選抜リレーでクラスの団結力をぶつけ合いました。生徒たちは、今日までに体育、学活、総合の授業、お昼休みを使って練習を重ねてきました。本気に取り組む生徒の姿、助け合う姿、励まして頑張る姿と大変素晴らしいスポーツ大会となりました。

 開会式、閉会式は生徒会本部の司会進行で行われました。スポーツ大会のスローガンは、美術部による制作で、開会式の中で披露されました。

 クラスの団結力が高められました。その団結力を生かして、これからの学校生活をよりよくしてくれることを期待します。

 

少年の主張選考会

 今年度は、新型コロナウイルス感染拡大予防対策として、全校生徒による校内少年の主張大会を実施せず、クラス代表者による校内少年の主張選考会を体育館で行いました。

 3、2、1年の8クラスの代表の生徒が、体育館のステージ上で、発表しました。普段考えていること、新型コロナのことなど、代表生徒一人一人が自分の考えを述べました。結果は、後日発表となります。代表者2名は、6月30日(水)に予定されている、市少年の主張大会に、出場することになっています。